adminさんのブログ

【重要】gTLDの登録者情報変更方法について

●新移管ポリシー New Inter-Registrar Transfer Policy (IRTP) 

新移管ポリシーは、ICANNレジストラ間でのドメイントランスファーを管理するのものです。

特にこのポリシーは、ドメイン譲渡(登録者変更)に関する内容を含みます。

ドメイン名の登録者情報(氏名、組織名、またはメールアドレス)が変わる場合はいつでも、一連の確認、承認、Eメール送信が必要となります。今後はこれらの細かな変更に際しても、確認プロセスが開始されることに注意してください。

 

ドメイン名の登録者情報の、氏名・メールアドレス(登録者のメールアドレスが無い場合は管理者のメールアドレス)にいかなる変更があった場合も現登録者と新登録者により確認作業が実施されます。14日以内にレジストラより送信されたメールにて、いずれかの確認が取られない場合は、登録者情報変更はキャンセルされ、登録者情報は現登録者のままになります。

 

登録者情報変更が完了すると、現および新登録者には、変更確認のメールが送信されます。さらに、盗難から保護するために、ドメインはロックされ、他のレジストラへの移管は60日間許可されません。ただし、情報変更時に、この60日間のロックを拒否する事ができます。

日本語

JPドメイン名の権威DNSサーバー設定確認・対応について

JPドメイン名の管理担当者様へ
 
 
汎用JP・属性型JPドメイン名に設定の権威DNSサーバーが、設定不備の可能性がある状態で運用されている事例が散見されております。
 
意図しないゾーン転送要求を拒否するための適切なアクセスコントロールの設定と、関連する設定内容の再確認の実施を推奨いたします。
 
 
■事例
 
JPRSのIPアドレスからのゾーン転送要求を許可する状態になっている権威DNSサーバーについて、アクセスコントロールが適切に設定されておらず、意図しないゾーン要求を許可している可能性があります。
 
 
■関連資料
 
本件の詳細及び対応方法などについては、以下の資料を参照ください。
 
日本語
Subscribe to RSS - adminさんのブログ